ニュース

新型コロナウィルス肺炎の感染経路は?症状と潜伏期間も!

ウイルス

肺炎には色々なウイルスがありますが、現在中国で発生して広がりを見せている原因不明の肺炎は「新型コロナウイルス」ということがわかりました。

この新型コロナウイルスは数年前に流行したSARSと同じ新型肺炎ウイルスで、今までの肺炎に効果のあった薬剤では効果がないということもわかったそうです。

ワクチン、特効薬の開発には数年かかるということで…新型コロナウイルスが日本に入ってきて蔓延しないか?心配ですよね…。

この新型コロナウイルスの感染経路や症状・潜伏期間についてもまだ情報が曖昧な点が多く、より不安になっているという方も多いのではないでしょうか?

今回はコロナウィルスの感染経路は?症状と潜伏期間も!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね。

コロナウィルスの感染経路は?

気になるのが、新型コロナウイルスがどのうようにして人へ感染するか?だと思います。特にこれから仕事で中国へ行かれる方、家族・友人が中国にいる方は心配だと思います。

調べてみた所、現在の所新型コロナウイルスの感染経路はわかっていないそうで、ウイルスの自然界での存在場所をはじめ、曝露の種類や経路、臨床的な病像と経過を調査中ということです。

感染経路がわかっていないということですが、多くの感染症は飛沫感染や接触缶s年によるものが多く、新型コロナウイルスの感染経路がわかっていない今としてはマスクやうがい・手洗いを徹底して行うことしかできることはないかもしれないですね。

症状と潜伏期間も!

2019年末から中国で多発している新型コロナウイルスの症状としては、肺炎ということで主に呼吸器系の疾患(呼吸困難・咳)・発熱・と思われます。

今の所中国では、今月5日までに59人の患者が確認されたそうですが、そのうちの8人が症状を回復させて無事に退院できたということです。しかし、重症患者も7人いるということで感染拡大への懸念が広がっているようです。

そして、今回の新型コロナウイルスの潜伏期間ですが、肺炎のウイルスはそれぞれ潜伏期間が異なるので、現在の所潜伏期間が何日なのかは確認できていないようです。

まとめ

今回はコロナウィルスの感染経路は?症状と潜伏期間も!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

現在のところ、2019年末から中国で多発している原因不明の肺炎の原因菌が、新型コロナウイルスであることを突き詰めた、という発表があった段階ですので、まだ詳細情報が入っていない状態です。

肺炎と言えば、2002年頃に中国で大流行したSARS,2012年頃から中東で大流行したMERSは、それぞれ700人以上の死者を出しているので、今回の新型コロナウイルスも大流行して死者が出ないか懸念されます。

また、中国との往来が多い日本にも、時間の問題で新型コロナウイルスが持ち込まれる可能性も高いので、外出時にはマスクを着用し、うがい・手洗いを徹底するなどして感染を防いでいくようにしましょう。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆